sorae

三栄 SANEI 洗濯機パン H542-800【代引不可】【北海道・沖縄・離島配送不可】
【50セット】 耐熱 抗菌まな板/キッチン用品 【Lサイズ】 ホワイト 37×22×1.2cm 食洗機・乾燥機対応【代引不可】

By: プレス機用ゴムマット(レンガ)620mm×420mm 厚さ5mm PM-6242-t5

「sorae(そらえ)」は宇宙に関する最新情報や最先端の技術情報のニュースを配信しています。「sorae」という名前には、「宇宙へ行きたい」「宇宙を知りたい」「空を飛びたい」、「夜空の星を眺めたい」など、読者の「そら」に対する憧れや希望、知的好奇心に応えたいという想いが込められています。

【メーカー在庫あり】 ユーカナヤ U-KANAYA ビレットレバーセット 可倒式Rタイプ 09年以降 ドゥカティ モンスター1100 黒 DU038-003-0701 JP店 ブレーキレバー
Yesterday at AM

「スペースX「ファルコン9」を16時間以内に2回打ち上げ! 第1段11回目の再利用にも成功」 【▲ヴァンデンバーグ空軍基地を飛び立つスペースXの「ファルコン9」ロケット(Credit: SpaceX)】スペースXは現地時間、同社のスターリンク衛星52基を搭載した「ファルコン9」ロケットと、トルコの通信衛星「Turksat-5B」を搭載した「ファルコン9」ロケットの打ち上げをそれぞれ実施しました。スターリンク衛星を搭載したファルコン9は、カリフォルニア州のヴァンデンバーグ空軍基地から日本時間(米国太平洋標準時)に打ち上げられ、52基の衛星は傾斜角53.22度の地球低軌道に投入されました。続いて日本時間12月19日12時58分(米国東部標準時)にはTurksat-5Bを搭載したファルコン9がフロリダ州のケープカナベラル空軍基地を飛び立ち、打ち上げに成功しました。なお、2機のファルコン9の第1段はドローン船への着陸にもそれぞれ成功しています。


(まとめ) ブラザー BROTHER インクカートリッジ マゼンタ LC110M 1個 【×10セット】
Yesterday at AM

「H-IIAロケット45号機、打ち上げを22日に再設定。英国の民間商業衛星を搭載」 【▲H-IIAロケット45号機が打ち上げる「Inmarsat-6 F1」のイメージ(Credit: inmarsat)】三菱重工業は、に予定されていた「H-IIAロケット45号機」の打ち上げを22日に再設定したことを発表しました。(19日に延期を発表、20日に打ち上げの時間帯確定の発表)H-IIAロケット45号機には、衛星通信サービスの英国インマルサット社の第6世代通信衛星「Inmarsat-6」シリーズ初号機衛星(I-6 F1)が搭載されています。H-IIAロケットの民間の商業衛星の打ち上げは6年ぶり2回目となります。


【送料無料】(まとめ) リコー SGカートリッジ GC41KS ブラック Sサイズ 515811 1個 【×5セット】
パナソニック 掃除機 充電式リチウムイオン電池 AMV97V-GL

(まとめ) キヤノン Canon インクタンク BCI-320PGBK ブラック 2926B001 1個 【×10セット】_送料無料


インテリアスティッククリーナーサイクロン方式でごみを遠心分離方式で吸引力を持続させ集塵 グレー軽量で車でも取り回し楽々コンパクトミニ充電スタンドもスタイリッシュデザイン掃除機 ハンディークリーナー
【メーカー在庫あり】 ユーカナヤ U-KANAYA ビレットレバーセット 可倒式Rタイプ 09年以降 ドゥカティ モンスター1100 黒 DU038-003-0701 JP店 ブレーキレバー
【メーカー在庫あり】 ユーカナヤ U-KANAYA ビレットレバーセット 可倒式Rタイプ 09年以降 ドゥカティ モンスター1100 黒 DU038-003-0701 JP店 ブレーキレバー
DU038-003-0701-27665
9,514円 16,988円





ユーカナヤ U-KANAYA ビレットレバーセット 可倒式Rタイプ
09年以降 ドゥカティ モンスター1100
09年以降 ドゥカティ モンスター1100S

レバーカラー:ブラック
素材:アルミビレット(6061アルミ合金)
セット内容:レバー左右、アタッチメント、アジャスター
※ご注文時にアジャスターカラーを備考欄にご指定ください。
全8色(ブラック、ゴールド、シルバー、ブルー、レッド、チタン、グリーン、オレンジ)。
サイズ:約175mm(レバー単体全長)
仕様:レバー位置6段階調節、調整幅約30mm (レバー先端部分)
※純正のクラッチレバーホルダーカバーが付いている車輌の場合、一部加工または取り外しが
必要な場合があります。

【可倒式Rタイプレバーの特徴】
・不意な転倒の際にレバーに力が加わると上方向へレバーが逃げ、折損を防止する可倒機構を採用しています。
・レバー先端には高速走行時の空気抵抗を低減する為の穴加工(スリット)を追加。
・アジャスト機構のツマミデザインを変更し、従来品に比べ操作性が改善されています。
・レバーエンド形状の最適化によりバーエンドへの接触を極力おさえる構造に仕上げています。
【U-KANAYAとは】
U-KANAYAの製品は元GPライダーの金谷秀夫氏と内商会のコラボレーションによる商品です。日本国内にて専門のスタッフが製品の組み立て及び検品を行っており、安心してご使用いただけます。
高強度・耐食性に優れた6061アルミ合金を使用。粗悪なアルミ材を使用した安価な
ビレットレバーとの違いは一目瞭然です。
精密なフルマシニング加工により高級感のある仕上がりとなっています。
レバー7色×アジャスター8色、合計56種類のカラーバリエーションで
愛車のカスタムコーディネートに一役買います。
純正のレバーと入れ替えるだけで簡単に装着可能です。車種によっては純正の部品を流用します。
純正レバーと比べてレバー位置が手前にくるため力を掛けやすい形状になります。手の小さい方や純正レバーを遠くに感じていた方に特にお勧めです。
カチッとしたクリック感の良いワンタッチアジャスターによりレバー位置を近くから遠くまで6段階で調整可能。レバー先端部分で約30mmの調整幅があります。
U-KANAYA独自の管理システムを導入していますので、万が一のアクシデントによる破損部品の部品供給にも迅速に対応可能です。補修部品も細かく設定されているので、破損部品の供給もスムーズです。

DU038-003-0701
JP店

Last Monday at AM

(まとめ) リョービ フレキシブルホース ブロワ用B-6075767 1セット 【×10セット】 [21]


月を周回しているかのような国際宇宙ステーション 月コラボ画像4選
リョービ VC-1250 集じん機 VC1250

「月を周回しているかのような国際宇宙ステーション 月コラボ画像4選」 【▲アメリカのアリゾナ州で撮影された月面を横切るISS。左上に見えるのは直径85㎞にもなる「ティコ」クレーター(Credit:Andrew McCarthy)】月面の上空に浮かぶ変わったシルエットはISS(国際宇宙ステーション)です。えっ、ISSが月を周回する軌道に? いいえ、ISSは地上約400㎞の地球低軌道を周回する有人実験施設です。もちろん月を周回しているのではなく、そのように見えているだけです。冒頭の画像は、先月アメリカのアリゾナ州で正確なタイミングを狙って撮影されました。ISSが月を横切る様子を撮影した映像の中から、1/2000秒の画像を部分的に組み合わせて合成されたもので、複雑な構成になっているとのこと。


新型宇宙望遠鏡「ジェイムズ・ウェッブ」打ち上げ予定日をに再設定
Last Sunday at AM

「新型宇宙望遠鏡「ジェイムズ・ウェッブ」打ち上げ予定日をに再設定」 【▲宇宙望遠鏡「ジェイムズ・ウェッブ」打ち上げの様子を描いた想像図(Credit: ESA - D. Ducros)】アメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)は、新型宇宙望遠鏡「ジェイムズ・ウェッブ」の打ち上げ予定日が日本時間に再設定されたことを明らかにしました。ウェッブ宇宙望遠鏡の打ち上げは直近では日本時間12月22日に目標が定められていましたが、発表によると、打ち上げに使われる欧州の「アリアン5」ロケットのシステムとウェッブ宇宙望遠鏡の間で交わされる通信に関する問題に対処するため、2日延期されました。新たな打ち上げ目標日時は日本時間12月24日21時20分とされています。


【メーカー在庫あり】 ユーカナヤ U-KANAYA ビレットレバーセット 可倒式Rタイプ 09年以降 ドゥカティ モンスター1100 黒 DU038-003-0701 JP店 ブレーキレバー
アイリスオーヤマ IC-SLDCP6-P ピンク [極細軽量スティッククリーナー]

(まとめ)【純正品】EPSON GJIC5Y インクカートリッジ イエロー【×5セット】_送料無料


中国、長征ロケット400回目の打ち上げ。技術試験衛星「実践6号05AB」を搭載
【送料無料】(まとめ) エプソン EPSON インクカートリッジ ライトグレー ICLGY89 1個 【×3セット】

「中国、長征ロケット400回目の打ち上げ。技術試験衛星「実践6号05AB」を搭載」 中国は、日本時間に技術試験衛星「実践6号05A,05B(Shijan6-05A,05B)」を搭載した長征4Bロケットの打ち上げに成功しました。長征4Bロケットは、中国北部にある酒泉衛星発射センターから発射され、予定の軌道に投入されました。長征シリーズは今回の打ち上げで400回を記録し、これまでに700以上の機体を宇宙に送り届けています。また、長征シリーズは、1970年の初飛行から37年かけて300回を達成していますが、直近の100回は、わずか2年9ヶ月で達成したとのことです。